« Tizenの情報収集 | トップページ | tizenのデベロッパー登録、 開発用実機取り寄せ等 »

2013年4月 7日 (日)

Tizenの開発環境を構築する

今日はTizenの開発環境を構築しました。

なので、今回はその方法を記載しておきたいと思います。

 

1.SDKをダウンロードする

TizenのSDKは、以下のサイトからダウンロードすることが出来ます。

https://developer.tizen.org/downloads/tizen-sdk

サイトを開くと、以下のようなページが表示されるので、

ご自分の開発環境と合ったものをダウンロードしてください。

僕はWindows7 64bitなので、下から2番目のものを選択しました。

Tizen_sdk_2

2.SDKをインストールする

ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたインストーラーを実行してください。

すると、次のような画面が表示されますので、以下のように選択してください。

  • Install the new Tizen SDK version」を選択
  • 「Next」を選択

Tizen_sdk_ins_1_5


2つ目の画面では、「I agree to the License Agreement」にチェックを入れ、

「Next」ボタンを押します。

Tizen_sdk_ins_2


3つ目の画面です。

「Typical」を選択し、「Next」ボタンを押してください。

Tizen_sdk_ins_3

 

4つ目の画面です。

TizenSDKのインストール先を選択してください。

僕はデフォルトのまま(C:\tizen-sdk)にしておきました。

選択が終わったら、いよいよInstallボタンを押します。
Tizen_sdk_ins_4

 

Installボタンを押すと、インストールが実行されます。

このまましばらく待てば、インストールは完了です。

インストールが完了したら、

"スタートメニュー"⇒"すべてのプログラム"⇒"Tizen SDK"と

降りていってみてください。

ここに、"Tizen IDE"や"Emulator Manager"が居ます。

名前のとおり、"Tizen IDE"はアプリの開発環境、

"Emulator Manager"はエミュレーターの作成や実行を行うツールとなります。

次回はこれらを使ってみたいと思います。

« Tizenの情報収集 | トップページ | tizenのデベロッパー登録、 開発用実機取り寄せ等 »

Tizen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1882306/51130787

この記事へのトラックバック一覧です: Tizenの開発環境を構築する:

« Tizenの情報収集 | トップページ | tizenのデベロッパー登録、 開発用実機取り寄せ等 »

購入


無料ブログはココログ