« 【Tizen】Preferencesを使用して、データの保存と書き込みを行う | トップページ | AndroidとiOSで、画面をバックグラウンドに移動させた時のタイマーの動きを比較してみた »

2013年7月30日 (火)

【Tizen】sdbで配布されたアプリのパッケージファイル(.wgt)をインストールする

アプリの開発を進めていくと、アプリのパッケージファイルを配布し、

テストを行うかと思います。

そんなときに、配布したアプリのパッケージファイルをインストールする方法についてです。


【sdbを使う!】

tizenには、Smart Development Bridge、略してsdbと呼ばれるツールが用意されています。

これを使用することで、配布されたwgtファイルを端末やエミュレータに

インストールすることが出来ます。


ちなみにこのsdbですが、明らかにパクってるだろうってぐらいAndroidのadbにそっくりです。

では、順を追ってインストールするまでの方法を記載します。


●sdbによるwgtファイルのインストール手順

(1) コマンドプロンプトを起動する

sdbは、コマンドプロンプトにて使用します。まず起動しましょう。


(2) " (tizenSDKインストール先)/tizen-sdk/tools/"へ移動

sdbコマンドは、" (tizenSDKインストール先)/tizen-sdk/tools/"に格納されています。

コマンドプロンプトでここまで移動しましょう。

面倒なら、環境変数にパスを追加しておくと◎。

> cd  (tizenSDKインストール先)/tizen-sdk/tools/


(3) sdbのインストールコマンドを打つ

手順(2)まで終われば、いよいよsdbを使用します。

インストールコマンドは以下のとおり。

> sdb install (パッケージファイル名)

パッケージ名には、インストールするパッケージファイルの名前をパスも含めていれてください。

これでパッケージファイルのインストールは完了です。

心置きなくテストをしましょう!


--------------------------------------------------

自作アプリ、

いつでもクイックランチャー ver3.0アップデートを

公開しました!

Slidetask

Google playよりダウンロード可能ですので、是非お使いください!

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yso.slidetask


感想や改善点等、聞かせていただけるとうれしいです。

アプリの中の実装方法で気になる点のご質問も大歓迎です!

« 【Tizen】Preferencesを使用して、データの保存と書き込みを行う | トップページ | AndroidとiOSで、画面をバックグラウンドに移動させた時のタイマーの動きを比較してみた »

Tizen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1882306/52661323

この記事へのトラックバック一覧です: 【Tizen】sdbで配布されたアプリのパッケージファイル(.wgt)をインストールする:

« 【Tizen】Preferencesを使用して、データの保存と書き込みを行う | トップページ | AndroidとiOSで、画面をバックグラウンドに移動させた時のタイマーの動きを比較してみた »

購入


無料ブログはココログ