« 【Tizen】 FileSystemAPIに用意された仮想パスと、それぞれの物理パス一覧 | トップページ | 【Android】Google Map API v2を使用する »

2013年9月26日 (木)

FirefoxOSのシミュレータをインストールしてみました

Tizenと、何かと比較されることの多いFirefoxOS。

今回は、そのFirefoxOSのシミュレータをインストールして、動かしてみました。

インストール方法等は以下のとおり。


●FirefoxOSのシミュレータをインストールする

(1) Firefoxブラウザをインストールする

FirefoxOSのシミュレータを動かすには、Firefoxブラウザが必要です。

PCにインストールしていない方は、下記URLよりインストールしましょう。

http://www.mozilla.jp/firefox/

なお、古いバージョンだと動かないので、旧Ver使用の方は、

アップデートしてください。


(2) Firefox OS シミュレータをインストールする

Firefoxブラウザのインストールが終わったら、Firefox OS シミュレータを

下記URLからインストールしましょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/firefox-os-simulator/


以上で環境構築は完了です。


●Firefox OS シュミレーターを起動する

さて、いよいよFirefox OS シュミレーターを起動しましょう。

(1) Firefoxブラウザを起動する。

とにもかくにも、まずはFirefoxブラウザを起動します。


(2) Firefoxブラウザのメニューより、"Web開発" ⇒ "Firefox OS Simulator"を選択する。

Photo


選択すると、以下のようなシミュレーター画面が開きます。

2


(3) "Stopped"ボタンをクリックする

"Stopped"ボタンをクリックすると表記が"Running"になり、

シミュレーターが起動します。

2_2


こちらが起動したシミュレーターのお姿。

なんと驚いたことに、マーケットアプリまで入っています。

3


もちろん、自作アプリをシミュレーターにインストールすることも出来ます。

シミュレーター画面の"Add Directory"より、アプリのマニュフェストファイルを

選択すれば良いのですが、このあたりは次回にでも。



余談ですが、FirefoxOSはホーム画面に至るまで、

すべてweb技術で作成されているそうです。

反面、Tizenのようなネイティブアプリを作成することはできません。


« 【Tizen】 FileSystemAPIに用意された仮想パスと、それぞれの物理パス一覧 | トップページ | 【Android】Google Map API v2を使用する »

firefoxOS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1882306/53398781

この記事へのトラックバック一覧です: FirefoxOSのシミュレータをインストールしてみました:

« 【Tizen】 FileSystemAPIに用意された仮想パスと、それぞれの物理パス一覧 | トップページ | 【Android】Google Map API v2を使用する »

購入


無料ブログはココログ