« 【Tizen】 Google MapのAPIを使用して地図を表示する | トップページ | FirefoxOSのシミュレータをインストールしてみました »

2013年9月12日 (木)

【Tizen】 FileSystemAPIに用意された仮想パスと、それぞれの物理パス一覧

Tizenは、ファイルアクセスを行う際、FileSystemAPIを使用します。

FileSystemAPIでファイルのパスを指定する際、仮想パスを使用することになります。

今回は、どのような仮想パスが用意されているか、

そして、各仮想パスの物理パスはどのようになっているかを一覧に纏めました。

仮想パス物理パス 概要
images /opt/usr/media/Images 画像ファイルを保存する共有フォルダ。
各アプリからアクセス可能。
ここに保存すると、ギャラリーアプリにも表示されるようになる。
videos /opt/usr/media/Videos 動画ファイルを保存する共有フォルダ。各アプリからアクセス可能。
music /opt/usr/media/Sounds 音楽ファイルを保存する共有フォルダ。各アプリからアクセス可能。
documents /opt/usr/media/Documents ドキュメントファイルを保存する共有フォルダ。各アプリからアクセス可能。
downloads /opt/usr/media/Downloads ダウンロードしたファイルを保存する共有フォルダ。各アプリからアクセス可能。
ringtones /opt/usr/share/settings/Ringtones よくわからないけど、名前的に着メロか何か・・・?readのみ可。
wgt-package /opt/usr/apps/Pj2FtK9ZdE/res/wgt アプリ自身の、パッケージファイルが入っている場所。アプリプロジェクトのルート以下が丸ごと入っている。
別のアプリからアクセスできないとはいえ、Config.xmlやjsソースファイルも覗けるけど、いいのか・・・?
readのみ可。
wgt-private /opt/usr/apps/Pj2FtK9ZdE/data アプリ自身の、ローカルな保存領域。別のアプリからはアクセスできない。
wgt-private-tmp /opt/usr/apps/Pj2FtK9ZdE/tmp アプリ自身の、ローカルな保存領域。一時的に使用するファイルを保存する。別のアプリからはアクセスできない。

これで心おきなくファイル読み書きの動作確認ができる!

« 【Tizen】 Google MapのAPIを使用して地図を表示する | トップページ | FirefoxOSのシミュレータをインストールしてみました »

Tizen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1882306/53239680

この記事へのトラックバック一覧です: 【Tizen】 FileSystemAPIに用意された仮想パスと、それぞれの物理パス一覧:

« 【Tizen】 Google MapのAPIを使用して地図を表示する | トップページ | FirefoxOSのシミュレータをインストールしてみました »

購入


無料ブログはココログ