« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年2月

2014年2月20日 (木)

【iOS】nendの公告を導入したiPhoneアプリがリジェクトされた

おひさしぶりです!

最近は、AndroidやTizenを離れ、

いそいそとiPhoneアプリを作ったり、

インフルエンザにかかったり、

雪の日に派手に転んで打った利き腕の右肩が上がらなくなったり、

いろいろなことがありながら過ごしていました。


さて、本題ですが、

先日、公開しているiPhoneアプリのアップデートを行ったところ、

Appleからリジェクトをくらいました。

なにせ、開発を始めて間もないiPhoneアプリでリジェクト、

焦りに焦りました。


どうやら、nendさんのSDKがひっかかったらしい。


その際にリジェクト理由としてappleから頂いたメールは以下のとおり。

PLA 3.3.12

We found your app uses the iOS Advertising Identifier but does not include ad functionality. This does not comply with the terms of the iOS Developer Program License Agreement, as required by the App Store Review Guidelines.

Specifically, section 3.3.12 of the iOS Developer Program License Agreement states:

"You and Your Applications (and any third party with whom you have contracted to serve advertising) may use the Advertising Identifier, and any information obtained through the use of the Advertising Identifier, only for the purpose of serving advertising. If a user resets the Advertising Identifier, then You agree not to combine, correlate, link or otherwise associate, either directly or indirectly, the prior Advertising Identifier and any derived information with the reset Advertising Identifier."

Please check your code - including any third-party libraries - to remove any instances of:

class: ASIdentifierManager
selector: advertisingIdentifier
framework: AdSupport.framework

If you are planning to incorporate ads in a future version, please remove the Advertising Identifier from your app until you have included ad functionality.

To help locate the Advertising Identifier, use the “nm” tool. For information on the “nm” tool, open a terminal window and enter, “man nm.”

If you do not have access to the libraries source, you may be able to search the compiled binary using the "strings" or "otool" command line tools. The "strings" tool lists the methods that the library calls, and "otool -ov" will list the Objective-C class structures and their defined methods. These techniques can help you narrow down where the problematic code resides.



英訳を読む限り、

"adsupport.frameworkを使用しているにもかかわらず、

公告を表示していないアプリは審査を通してあげることは出来ないよ!"

と、いうことらしい。

adsupport.frameworkは、アプリ内に導入しているnendさんのSDK内にて

使用されています。

とはいえ、もちろんnendSDKを使用した公告表示は行っているので、

なんら問題ないはずだ・・・。


と、いうわけで、「公告表示は間違いなく行っているので、もう一度審査をやり直してください!」と、appleにメールを投げつけました。


すると、数日後、バイナリの変更を行うことなく無事審査が通過しました。


本当に人騒がせです。

もし、nendさんの公告を使用していて、私と同様にリジェクトされた方は、

同じようにappleにメールを投げると良いかもしれません。


ちなみにadsupport.frameworkの件でリジェクトされるようになったのは

2014/2以降で、このときに審査基準が変更されたようです。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »

購入


無料ブログはココログ